壁に応じてテレビ壁掛け金具の種類を選ぶ

テレビの壁掛け金具の種類は構造自体どれも同じような物ですが、テレビを取り付ける壁に合わせて種類が変わることになります。一般的な壁は内壁があって、その中に下地と呼ばれる柱がある構造になっています。ですので、その下地に取り付けます。多くのマンションや一戸建てではこうした構造のため、ポピュラーな壁掛け金具で十分です。この下地が金属であったり、コンクリートの壁に特殊なボンドでくっつけているような場合には通常のものとは異なるデザインの壁掛け金具が必要となるので、注意が必要です。

また、壁そのものの材質でも使用できるかどうかが決まります。コンクリート壁であればコンクリートアンカーと呼ばれる金具などが必要となり、それを用いれば壁掛けは可能です。石膏ボードだと、ホチキスだけでテレビを壁掛けにすることができるものも登場しており、壁の材質によって使用できる壁掛け金具のデザインが変わる場合もあります。また、壁掛けのテレビが360度回るものや、上下左右に角度調整ができるもの、床との水平を保てるもの、高さ調節が可能な物など、様々なデザインが登場しており、どういったものを使用するかは、その家の視聴する環境やどういったリビングなのかによっても大きく変わります。

壁や下地の関係やDIYの得意不得意に応じて壁掛け金具をどう利用していくかも変わってきます。初めて壁掛け金具の取り付けにチャレンジする人は、ポピュラーなものにすることをおすすめします。