テレビを壁掛けして良い点、難しい点

壁掛けテレビには様々なメリットとデメリットがあります。

メリットはまず、テレビ台を置く必要がないので部屋のスペースが広く使えることです。
地面から離れているので本棚などを置くことができ、コードを壁の中に埋め込むことができるので外観もすっきりします。
つぎに、災害に強いということです。地震が起き、部屋が揺れた際にテレビ台からテレビが倒れてくることがありますが、壁掛けにすることにより家が倒壊しない限り倒れることはありません。
さらに、自分の好きな高さに設置できるので目や首の疲れを和らげることができます。

子ども達の手の届かない高さに設置すると安全性も増します。このように多くのメリットがありますが、その分デメリットも存在します。

まず、設置をするのが面倒だということです。特殊な器具を用いなければならないので、業者に依頼する必要がでてきます。

つぎに、壁に穴を開けなければならないことです。裏にコードを隠す際に大きな穴を開ける必要があるので、その部分が脆くなってしまいます。

さらに、賃貸の物件だとできない場合がほとんどです。

他にも、掃除が難しいというデメリットもあります。高いところに設置すると手が届きにくくなり、埃がたまりやすくなってしまいます。

どうしても部屋に穴を開けたくないという方や、賃貸物件だけれどどうしても壁掛けテレビにしたいという方は、最近では突っ張りポールで固定する方法も使われていますので試してみられてはどうでしょうか。