2016年シャープ最新液晶テレビのオススメポイント【SHARP AQUOS】

80インチの超大型から24インチの小型まで、業界随一の豊富なラインナップを揃えているSHARPですが、
やはり2016年一番の目玉は4K NEXTシリーズです。

このシリーズのオススメポイントは何と言っても””8K相当””です。
超解像分割駆動回路という独自の液晶駆動技術によって、4K解像度でありながら8K相当のきめ細やかな解像感を実現しています。
その仕組みを支えているのが、シャープが誇る最新映像エンジン「X8-Master Engine PRO」です。BSデジタルやブルーレイディスクなどのフルHD映像はもちろん、1440×1080ドットしかない地上デジタルでさえも、8K相当にアップコンバートします。また、狭額縁でありながら音質にも力を入れており、65Wの大容量スピーカーを搭載しています。
圧巻の映像美に引けを取らない音響が期待できます。

価格はやはり非常に高価ですが、時代を一歩先取りした文字通りのフラッグシップモデルです。
 
 4Kテレビのハイエンドモデル「LC-60US30」は、60インチ4Kとしては価格が非常にリーズナブルで、価格比較サイトでもランキング上位の売れ筋機種となっています。
ネットの最安値では20万円を切る価格となっていました。
4Kも登場から数年が経過し、フルHDとの価格差が縮まってかなり価格がこなれてきた感があります。
この機種は映像面の評価も高く、非常にコストパフォーマンスのよいモデルです。